2004 AUGUST COLUMN
前に戻る 次へ



2004.08.18  「オリンピック」

なんだか全然オリンピックって気がしないのである。
いつもだったら
「あれ見たい」「これ見なきゃ」
って思うはずなのだが、
今年のアテネに関しては全く気持ちが乗ってこない。
それは上海の街の雰囲気に一因があると思う。

じゃあまず今の日本の町中は一体どんな雰囲気なんだろうか。
過去の経験から想像してみよう。

コンビニや電気店でもオリンピック関連のノボリが立っていたり、
キャンペーンとかしたりしているのだろう。

キリンが「がんばれニッポン」みたいなCMをジャンジャン流していたりするのかもしれない。

オリンピックが近づくにつれてテレビ番組でも、
「アーチェリーの何々選手が今大会は注目です」
とか
女子ソフトボールにスポットをあててドキュメンタリー番組作ってみました、
とか、
大会開催前から見る側の気持ちを徐々に盛り上げてくれるようなものがそこら中で目に付く。

でも上海で生活している限り、
そういうの全く見ないんだもの。

みんなほとんどいつもと変わらず生活しているように見える。

日本人がオリンピック大好きなんだろうか、
中国人がオリンピックあまり好きじゃないんだろうか。










2004.08.17  「バトンとUFJ」

B・A・Rホンダのジェンソン・バトンの移籍問題と、
UFJを巡る住友信託銀行と三菱東京の問題って似てると思う。
渦中のものが
「あそこへは行きたくない(残りたくない)っす」
ってはっきり意思表示してるんだから引き留めても裁判しても意味ないと。

仮に裁判で残留が決まったとしても遺恨が残るし、
「なんでアイツは出て行きたい、って言ったのかなぁ」
ということを考えて今後につなげる方が有益だと思うんだけどなぁ。