前に戻る 次へ

2001.09.26 「同ネタで恐縮ですが」

また APEC 関連ネタなんだけれど、
昨日の夕方、虹橋開発区のビルというビルの電灯がテスト点灯していた。

全てのフロアの全ての部屋の電気。ビルの外のライトも。
テナント募集を今から始めるというビルの電気もついていた。

ビルの電気がそこまで全開でついている事ってないでしょ。
まるでゲームの A 列車で行こうの世界みたいだった。

その夜、虹橋開発区のとあるビルに入っている日系企業の人と会った時こんな事を聞いてみた。

「あの電気代というのは政府が支払ってくれるんですか?」

「いえ、ウチが持つみたいです。ええ迷惑ですわ」

お祭りのためなら多少の困難などものともしない。

逆らうヤツは許さないという問答無用の強い姿勢。

まったく立派である。





2001.09.24 「お祭り準備 OK 」

昨日久々にカメラを持って上海の街を撮影した。
バンドの方まで行ったんだけれど、なかなか面白い所から撮影した。

どこから撮影したとかは現像が上がり次第ギャラリーで紹介するけど、
それとは別に面白いことがあった。

ライトアップである。

バンドのライトアップは非常に有名だけれど、
いつの間にか APEC に向けての特別バージョンになっていたのだ。

そこら中にサーチライトが設置されて、浦東から浦西、
浦西から浦東を互いに照らし合っているんである。
「 APEC 」 の電光掲示板も用意されて、お祭り準備 OK という感じである。

ボクが思うにこれでもまだ準備段階なんだと思う。
きっと APEC の本開催期間にはとんでもない仕掛けが飛び出すんじゃないかと思っている。

センスの問題は別にして、ここまで徹底的に盛り上げようとする姿勢は、日本も見習って良いんじゃないかと思った。






2001.09.19 「試供品プレゼント」

トイレットペーパーを買ったんである。
4 個入りである。

トイレットペーパーを購入したこと自体はこの場を使ってわざわざ皆さんに報告することのことでもないけれど、
包装の中に入っていた試供品にびっくりした。

見ると、女性が化粧をする時に使うようなコットンが入っているようではないか。

「うむ、あけてみるか」

でもそのコットンらしきものは普通のコットンと違って展開できる構造になっていた。

「なんと珍しい、長方形のコットンかい」

でもそれはコットンではなくて、女性の生理用品だったのだ。

驚きである。

例えば、生理用品に新製品の生理用品を一個くっつけて、

「我が社の新製品です。どうぞ一度お試しあれ」

というのだったら分かるけど、ボクが買ったのはトイレットペーパーだ。

こんなこと言わなくても皆さん分かってくれるとは思うが、
トイレットペーパーを購入するのは、
「その時期の女性」 だけではない。

「時期を過ぎちゃった女性」 も買うし 「一人暮らしのオトコ」 だって買う。

「ママのお使いでやってきた無邪気なチビッコ」
だって買うかもしれない。

その生理用品のパッケージがあまりにも軽快じみていて、全く悪びれているようなそぶりがないところがさすが中国だ。

できればその写真をデジカメで撮影してここで紹介したいところだが、そのような写真を掲載するのは当サイトの性格にそぐわないのでやめておく。
全く残念だ。

これが日本だったらどうなるだろうか。
レオタードを着てダンベルを持った綺麗な女性がダンスをしながら笑顔で写っているパッケージを見て子どもは、

「パパ、これなーに?」

必ずこう聞くだろう。
軽快パッケージを手に取ったパパは返答に困る。

「これはね、ナ、ナ、ナプ・・・・マルチナ・ナブラチロワ」

こういう物を縦横無尽に無差別で配りまくってしまう中国のメーカー、そしてそれを許容してしまう中国の社会。

こんな事を気にする日本人であるボクがスタンダードから外れているのか、それともやはり中国の感覚の方が一風変わっているのか。

どちらが正しいのかなんて事はこの際どうでも良いけれど、たかがトイレットペーパーの購入一つで二日間もボクの頭の中を一杯にしてくれるなんて、やはり中国とは面白いところだ。






2001.09.12 「飛び火」

ニューヨークの世界貿易センタービルがテロの攻撃をくらったわけだが、上海でも朝からその話でもちきりだ。

中国人:「アメリカ人は面がでかいから丁度いい」

ボク :「なにいってんの、あんたら中国人だってアメリカ人に負けず劣らず見栄っ張りじゃないの」

話は関係のない方まで飛び火して、朝から大論争である。






2001.09.03 「満喫

久々に上海の空気を満喫しております。

満喫しすぎて深呼吸しまくっていたら、
鼻くそが一気に真っ黒になってしまった。

さすが上海。
すでにちょっとノドが痛くなってきたし・・・






2001.08.30 「明日から上海」

明日から上海に戻ります。
日本で得られた情報でまだ紹介し切れていないものなど、
また上海からご報告したいと思います。

それから、このコラムコーナーも随分と貯まってきてデータが重くなってきました。
読み込みに時間がかかってイライラする人もいらっしゃるかもしれません。
元々このコラムコーナーは無理矢理増設したものですから、詠みにくい点もあるだろうし、
ビジュアル的にもそうカッコイイものとはいえません。

ギャラリーの写真表示の寸法なども含めて不満な点が何点か出てきましたので、ここで本格的なリニューアルをはかろうかと考えています。

具体的な日程などはまだ未定ですが、近いうちに行いたいと思っていますので皆さんお楽しみに。